よくある質問(FAQ)

令和3年4月26日時点(随時更新)

  • 旅行者

  • 旅行業者

  • 宿泊
    事業者
  • クーポン
    取扱店参加

割引対象

Q1高知観光トク割キャンペーンの割引を受けるにはどのような手続きが必要ですか。
本キャンペーンは、参画いただいた宿泊施設の販売する宿泊サービスの代金と参画いただいた旅行会社の販売する旅行商品(日帰り旅行商品を含む)の代金を割り引くものとなります。
具体的なプラン等については、参画事業者にお問い合わせください。
参画事業者の一覧はこちらからご覧いただけます。
Q2日帰り旅行も対象と聞きましたが、日帰りのドライブでも割引を受けられますか。
日帰り旅行については、参画する旅行会社が販売する日帰り旅行商品のみ対象となりますので、個人で行うドライブは、割引やクーポン配布の対象外です。
Q3キャンプ場は本事業の対象となりますか。
参画施設として参加しているキャンプ場でロッジ等を利用する場合は対象となります。詳しくは各キャンプ場へお問い合わせください。
参画事業者の一覧はこちらからご覧いただけます。

代金割引

Q4旅行代金、宿泊代金の最大50%割引(上限5,000円)とのことですが、割引の金額は1円単位ですか。
割引の金額は1円単位となります。1円未満の端数については切り捨てとなります。
Q5県外在住の友人と旅行予定ですが、県外在住の友人も対象となりますか。
県内在住の方のみキャンペーンの対象となるため、県内在住の方と同行する場合であっても、県外在住の方は対象となりません。なお、割引を適用する旅行者全員に対して、運転免許証等の本人確認書類により居住地確認を行うこととしています。居住地が確認できない場合は、本キャンペーンの適用外となります。
Q6バンガローやコテージの1棟貸しの施設への宿泊を予定していますが、トク割キャンペーンの割引額の計算はどのようになりますか。
宿泊代金を宿泊人数で割り、1人当たりの宿泊代金に対してトク割キャンペーンを適用してください。

(例1)1棟、1泊につき12,000円(税込)のバンガローに大人3名で宿泊した場合
宿泊代金を宿泊人数で割って、1人当たり宿泊代金は12,000円÷3名=4,000円
4,000円に対しトク割キャンペーンの割引を適用し、1人当たりの代金割引額は2,000円
お客様1人当たりのお支払いは、4,000円-2,000円=2,000円 3人総額で6,000円となります。
※この場合、おもてなしクーポンを3セット受け取ることができます。

(例2)1棟、1泊につき12,000円(税込)のバンガローに5人で宿泊した場合
宿泊代金を宿泊人数で割って、1人当たり宿泊代金は12,000円÷5名=2,400円
2,400円に対しトク割キャンペーンの割引を適用し、1人当たりの代金割引額は400円
お客様1人当たりのお支払いは、2,400円-400円=2,000円 5人総額で10,000円となります。
※この場合、おもてなしクーポンを5セット受け取ることができます。

(例3)1棟、1泊につき12,000円(税込)のバンガローに6人で宿泊した場合
宿泊代金を宿泊人数で割って、1人当たり宿泊代金は12,000円÷6名=2,000円
トク割キャンペーンの割引は、1人当たり2,001円以上の宿泊代金に対しての適用となりますので、宿泊割引は適用できず、おもてなしクーポンも受け取ることができません。

他のキャンペーン等との併用

Q7「高知観光リカバリーキャンペーン」交通費用助成事業との併用は可能ですか。
併用可能です。宿泊施設でリカバリーキャンペーンの指定宿泊証明書をもらってください。
リカバリーキャンペーンの情報はこちらからご覧いただけます。
リカバリーキャンペーン適用エリア(4/22時点):高知県・中国4県(鳥取県・島根県・広島県・山口県)に在住の方
Q8各旅行会社が発行する旅行ギフト券や龍馬パスポートの宿泊ギフト券との併用は可能ですか。
宿泊施設でギフト券の取扱が可能であれば、併用は可能です。
Q9インターネットの予約サイトポイントや他のキャンペーンで配布されるクーポンとの併用は可能ですか。併用可能な場合、割引額は、ポイントやクーポン等での割引後の金額と割引前の金額のどちらをもとに算出しますか。
併用可能です。割引額は、マイルのような、積み立てていたポイントの場合は、ポイントを差し引く前の金額にトク割キャンペーンの割引が適用されます。ただし、当該予約で付与されるポイントが、その予約に対しても使用できる場合には、ポイント等で割り引かれた後の金額にトク割キャンペーンの割引が適用されます。
また、他のキャンペーンで配布されたクーポンをすぐに宿泊費に充当する場合やOTAのクーポンを利用する場合についても、割り引かれた後の金額にトク割キャンペーンの割引が適用されます。

(例1)インターネットの予約サイトのポイントを利用した場合
1泊10,000円(税込)の宿泊施設を予約サイトから予約し、ポイントを5,000円分使用し、残りの5,000円を宿泊施設で現地払いする場合
トク割キャンペーンの割引額:10,000円×1/2=5,000円

(例2)他のキャンペーンで配布されたクーポンをすぐに宿泊費に充当する場合
1泊10,000円(税込)の宿泊施設を予約し、キャンペーンで配布されたクーポン5,000円分を宿泊費に充当し、残りの5,000円を支払う場合
トク割キャンペーンの割引額:(10,000円-5,000円)×1/2=2,500円
Q10各市町村等が行っている独自の宿泊割引やクーポン等との併用は可能ですか。
取り組みを行っている各市町村等へご確認ください。
併用する場合は、他の全ての割引等を適用後、トク割キャンペーンの割引が適用されます。
Q11「おもてなしクーポン」は、宿泊代金の支払に使えますか。
宿泊代金には利用できません。
土産物店、飲食店などのクーポン取扱店舗でご利用ください。
なお、クーポン取扱店舗は随時参画申込みを受付けています。宿泊施設内にある土産物店やレストランがクーポン取扱店舗に登録されれば、クーポンを宿泊施設内で利用することができます。

おもてなしクーポン

Q12どのような店舗がクーポン取扱店舗となっているでしょうか。
Go To トラベルの地域共通クーポン取扱店舗を対象としております。
取扱店舗の一覧はこちらからご覧ください。なお、参加申込は随時受け付けることとしており、都度一覧表を更新していきます。
Q13クーポンはどこで受け取ることができますか。
宿泊施設でのチェックイン時や旅行会社の窓口等で受け取ることとなります。
詳しくは各宿泊施設、旅行会社にお問い合わせください。

参画申請

Q1旅行会社として参画を検討していますが、今から参画できますでしょうか。
現在、トク割キャンペーンの参画申込を受付中です。参画を希望する方はこちらから申込手続きを行ってください。

代金割引

Q2旅行代金の最大50%割引(上限5,000円)とのことですが、割引の金額は1円単位ですか。
割引の金額は1円単位となります。1円未満の端数については切り捨てとなります。
Q3「割引は商品代金の50%が上限」とのことですが、必ず上限まで割引を適用する必要はありますか。
地域観光事業支援の制度に鑑み、旅行者の不利益とならないよう、原則として上限額での割引をお願いいたします。
Q4団体旅行で、県内在住の方と県外在住の方が混在している場合、県内在住の方については、キャンペーンの対象となりますか。
県内在住の方のみキャンペーンの対象となります。
なお、割引を適用する旅行者全員に対して、運転免許証等の本人確認書類により居住地確認を行うようにしてください。居住地が確認できない場合は、キャンペーンの適用外となります。

参画旅行会社

Q5当社(旅行会社)は支店統合により、高知県内に営業所がなくなり、担当者が県内に駐在して商品造成をしています。その場合、本キャンペーンに参画することはできますでしょうか。
高知県内に営業所に準ずるものがあれば、対象となりますので、県内に担当者の方が駐在されていれば対象となります。

自社営業

Q6自社ホームページでも、当キャンペーンをPRして良いですか。また、自社プロモーションとして、本キャンペーンの適用施設(会社)としてPRして良いですか。
構いません。自社ホームページへ掲載いただくなど、積極的に本キャンペーンをご活用ください。その場合には、本キャンペーンが国の補助事業を受け実施していることを明らかにしていただくとともに、本来の価格、割引後の価格(本キャンペーン適用後の価格)を明示し、その差額にキャンペーンの支援があることを消費者が明確に認知できるようにしてください。
こちらからキャンペーンのバナーやロゴデータをダウンロードいただけますのでご活用ください。

他のキャンペーン等との併用

Q7「高知観光リカバリーキャンペーン」交通費用助成事業との併用は可能ですか。
併用可能です。
Q8旅行会社における、リカバリーキャンペーンと今回のトク割キャンペーンの割引額の算出方法を教えてください。
両キャンペーンを併用する際の割引支援金の算出は、本来の旅行代金から、まずリカバリーキャンペーンの交通費用助成額(最大5,000円)を割り引いた後の金額を基準に、トク割キャンペーンの割引額(上限5,000円(50%))の適用となります。
ただし、リカバリーキャンペーンは宿泊を伴う旅行に対する交通費用助成となりますので、旅行商品における交通費用の上限までが助成内容となります。
Q9各旅行会社が発行する旅行ギフト券や龍馬パスポートの宿泊ギフト券との併用は可能ですか。
宿泊施設でギフト券の取扱が可能であれば、併用は可能です。
Q10各市町村等が行っている独自の宿泊割引やクーポン等との併用は可能ですか。
取り組みを行っている各市町村等へご確認ください。
併用する場合は、他の全ての割引適用後、トク割キャンペーンの割引が適用されます。
Q11「おもてなしクーポン」は、宿泊代金の支払に使えますか。
宿泊代金には利用できません。
土産物店、飲食店などのクーポン取扱店舗でご利用ください。
なお、クーポン取扱店舗は随時参画申込みを受付けています。宿泊施設内にある土産物店やレストランがクーポン取扱店舗に登録されれば、クーポンを宿泊施設内で利用することができます。

割引支援金

Q12割引支援金の事業者毎の配分枠は公表されますか。
割引支援金の事業者毎の配分枠の公表の予定はありません。参画する旅行会社名・宿泊施設名のリストはホームページに掲載させていただきます。
Q13割引支援金の配分枠について、執行管理を各事業者が行うものと思いますが、配分枠以上に販売してしまった場合、県から原資分の補てんはありますか。
割引支援金の配分額を超過して割引を行った場合、超過額について県が補てんすることは想定しておりません。適切な配分額の管理をお願いします。
Q14割引支援金について、概算払いを受けることはできますか。
割引支援金は精算払いのみとなります。 
Q15割引支援金は交付申請からどれくらいの期間で支払われますか。
申請書類が到着後、申請書類に不備がないかを確認し、確認終了後7日以内にお支払いする予定です。(申請件数が多くなれば、書類到着から確認までお時間をいただく場合がありますので、ご了承ください。)
Q16割引対象期間が終了し、配分枠が余りました。どうしたらよいですか。
全体予算枠の管理を適切に行う必要があるため、トク割キャンペーン事務局を立ち上げ、その事務局が各旅行会社や宿泊施設の販売(消化)状況をお伺いしながら進めていきます。万が一、配分が思わしくない場合は、事前に県(事務局)にご相談いただければ、減枠させていただきます。
事業が終了した場合は、販売実績による精算となります。

おもてなしクーポン

Q17どのような店舗がクーポン取扱店舗となっているでしょうか。
Go To トラベルの地域共通クーポン取扱店舗を対象としております。
取扱店舗の一覧はこちらからご覧ください。なお、参加申込は随時受け付けることとしており、都度一覧表を更新していきます。
Q18クーポンはどのように配布すれば良いですか。
店舗に来店したお客様に直接渡す、郵送する、宿泊施設と調整のうえ宿泊施設にて渡す、バス旅行の場合、車内で渡すなどが考えられます。旅行者が旅行期間中に利用できるよう配布をお願いします。
Q19クーポンを旅行者に配布した場合、旅行者の方から受取証等へ受取のサイン等をいただく必要はありますか。
クーポンの受け渡しの際には、スターターキットに同封している「おもてなしクーポン受領書」に必要事項を記載の上、お客様からご署名をいただいてください。様式をこちら(受領証様式のあるページへリンク)に掲載していますのでご活用ください。

参画申請

Q1宿泊事業者として参画を検討していますが、今から参画できますでしょうか。
現在、トク割キャンペーンの参画申込を受付中です。参画を希望する方はこちらから申込手続きを行ってください。

代金割引

Q2旅行代金、宿泊代金の最大50%割引(上限5,000円)とのことですが、割引の金額は1円単位ですか。
割引の金額は1円単位となります。1円未満の端数については切り捨てとなります。
Q3「割引は宿泊代金の50%が上限」とのことですが、必ず上限まで割引を適用する必要はありますか。
地域観光事業支援の制度に鑑み、旅行者の不利益とならないよう、原則として上限額での割引をお願いいたします。
Q4OTAや自社サイトで販売する商品にキャンペーンの割引を適用する際は、新たにプランを作る必要がありますか。
OTAや宿泊施設の自社サイトで販売する商品へ割引を適用する際、必ずしも新たなプランを作成いただく必要はありません。例えば、既存プランの備考欄等に県内在住の方限定で割引を行う旨と、割引が国の補助事業であることを明記いただき、現地払い時に割引を行う形でご対応いただく形でも結構です。
Q5団体旅行で、県内在住の方と県外在住の方が混在している場合、県内在住の方については、キャンペーンの対象となりますか。
県内在住の方のみキャンペーンの対象となります。
なお、割引を適用する旅行者全員に対して、運転免許証等の本人確認書類により居住地確認を行うようにしてください。居住地が確認できない場合は、トク割キャンペーンの適用外となります。
Q6体験学習付宿泊プランを販売しています。おもてなしクーポン取扱店舗としても参加するつもりですが、このプラン総額に対し、宿泊代金割引とは別におもてなしクーポンでの支払いを受け付けることはできますか。
宿泊とセットになった体験学習の代金の支払におもてなしクーポンを利用することはできません。
Q7バンガローやコテージで1棟貸しを行う宿泊施設です。トク割キャンペーンの割引額の計算とおもてなしクーポンの配布(枚数)はどのように行えばよいですか。
宿泊代金を宿泊人数で割り、1人当たりの宿泊代金に対してトク割キャンペーンを適用してください。

(例1)1棟、1泊につき12,000円(税込)のバンガローに大人3名で宿泊した場合
宿泊代金を宿泊人数で割って、1人当たり宿泊代金は12,000円÷3名=4,000円
4,000円に対しトク割キャンペーンの割引を適用し、1人当たりの代金割引額は2,000円
お客様1人当たりのお支払いは、4,000円-2,000円=2,000円 3人総額で6,000円となります。
※この場合、おもてなしクーポンは3セット配布してください

(例2)1棟、1泊につき12,000円(税込)のバンガローに5人で宿泊した場合
宿泊代金を宿泊人数で割って、1人当たり宿泊代金は12,000円÷5名=2,400円
2,400円に対しトク割キャンペーンの割引を適用し、1人当たりの代金割引額は400円
お客様1人当たりのお支払いは、2,400円-400円=2,000円 5人総額で10,000円となります。
※この場合、おもてなしクーポンは5セット配布してください

(例3)1棟、1泊につき12,000円(税込)のバンガローに6人で宿泊した場合
宿泊代金を宿泊人数で割って、1人当たり宿泊代金は12,000円÷6名=2,000円
トク割キャンペーンの割引は、1人当たり2,001円以上の宿泊代金に対しての適用となりますので、宿泊割引は適用できず、おもてなしクーポンの配布もできません。

対象施設

Q8キャンプ場は本事業の対象となりますか。
旅館業法の許可を受けた施設(ロッジ等で寝具を提供する場合)については、対象となります。一方、旅館業法の許可が必要ないキャンプサイトの利用やテント使用料等については今回対象外となります。旅館業法の許可を受けた際の内容をご確認ください。

広報

Q9自社ホームページでも、トク割キャンペーンをPRして良いですか。また、自社プロモーションとして、本キャンペーンの適用施設としてPRして良いですか。
構いません。自社ホームページへ掲載頂くなど、積極的にトク割キャンペーンをご活用ください。その場合には、本キャンペーンが国の補助事業を受け実施していることを明らかにしていただくとともに、本来の価格、割引後の価格(本キャンペーン適用後の価格)を明示し、その差額にキャンペーンの支援があることを消費者が明確に認知できるようにしてください。
キャンペーンのバナーやロゴデータはこちらからダウンロードいただけますのでご活用ください。

他のキャンペーン等との併用

Q10「高知観光リカバリーキャンペーン」交通費用助成事業との併用は可能ですか。
併用可能です。宿泊施設においては、現時点で示すリカバリーキャンペーンの適用エリアにお住まいの方に対して、指定宿泊証明書をお渡しください。
リカバリーキャンペーン適用エリア(4/22時点):高知県・中国4県(鳥取県・島根県・広島県・山口県)に在住の方
Q11各旅行会社が発行する旅行ギフト券や龍馬パスポートの宿泊ギフト券との併用は可能ですか。
宿泊施設でギフト券の取扱が可能であれば、併用は可能です。
Q12インターネットの予約サイトポイントや他のキャンペーンで配布されるクーポンとの併用は可能ですか。併用可能な場合、割引額は、ポイントやクーポン等での割引後の金額と割引前の金額のどちらをもとに算出しますか。
併用可能です。割引額は、マイルのような、積み立てていたポイントの場合は、ポイントを差し引く前の金額に割引が適用されます。ただし、当該予約で付与されるポイントが、その予約に対しても使用できる場合には、ポイント等で割り引かれた後の金額にトク割キャンペーンの割引が適用されます。
また、他のキャンペーンで配布されたクーポンをすぐに宿泊費に充当する場合やOTAのクーポンを利用する場合についても、割り引かれた後の金額にトク割キャンペーンの割引が適用されます。

(例1)インターネットの予約サイトのポイントを利用した場合
1泊10,000円(税込)の宿泊施設を予約サイトから予約し、ポイントを5,000円分使用し、残りの5,000円を宿泊施設で現地払いする場合
トク割キャンペーンの割引額:10,000円×1/2=5,000円
(例2)他のキャンペーンで配布されたクーポンをすぐに宿泊費に充当する場合
1泊10,000円(税込)の宿泊施設を予約し、キャンペーンで配布されたクーポン5,000円分を宿泊費に充当し、残りの5,000円を支払う場合
トク割キャンペーンの割引額:(10,000円-5,000円)×1/2=2,500円
Q13各市町村等が行っている独自の宿泊割引やクーポン等との併用は可能ですか。
取り組みを行っている各市町村等へご確認ください。
併用する場合は、他の全ての割引適用後、トク割キャンペーンの割引が適用されます。
Q14「おもてなしクーポン」は、宿泊代金の支払に使えますか。
宿泊代金には利用できません。
土産物店、飲食店などのクーポン取扱店舗でご利用ください。
なお、クーポン取扱店舗は、随時参画申込みを受付けています。宿泊施設内にある土産物店やレストランがクーポン取扱店舗に登録されれば、クーポンを宿泊施設内で利用することができます。

割引支援金

Q15割引支援金の事業者毎の配分枠は公表されますか。
割引支援金の事業者毎の配分枠の公表の予定はありません。参画する旅行会社名・宿泊施設名のリストはホームページに掲載させていただきます。
Q16当初、配分枠を受けた後、販売状況が好調で足らなくなった場合、追加配分してもらうことはできますか。
現時点で追加配分は想定しておりません。
Q17割引支援金の配分枠について、執行管理を各事業者が行うものと思いますが、配分枠以上に販売してしまった場合、県から原資分の補てんはありますか。
割引支援金の配分額を超過して割引を行った場合、超過額について県が補てんすることは想定しておりません。適切な配分額の管理をお願いします。
Q18割引支援金について、概算払いを受けることはできますか。
割引支援金は精算払いのみとなります。
Q19割引支援金は交付申請からどれくらいの期間で支払われますか。
申請書類が到着後、申請書類に不備がないかを確認し、確認終了後7日以内にお支払いする予定です。(申請件数が多くなれば、書類到着から確認までお時間をいただく場合がありますので、ご了承ください。)
Q20割引対象期間が終了し、配分枠が余りました。どうしたらよいですか。
全体予算枠の管理を適切に行う必要があるため、トク割キャンペーン事務局を立ち上げ、その事務局が各旅行会社や宿泊施設の販売(消化)状況をお伺いしながら進めていきます。万が一、配分が思わしくない場合は、事前に県(事務局)にご相談いただければ、減枠させていただきます。
事業が終了した場合は、販売実績による精算となります。
Q21同一事業者で2つの宿泊施設を営業しています。A施設が配分枠を超える可能性がある一方で、B施設の販売状況がよくありません。A施設からB施設に配分枠を流用して販売してもかまいませんか。
配分枠の管理は県(事務局)が行っていますので、事業者において宿泊施設ごとの配分枠を流用することはできません。
Q22自社サイトによる直接販売の場合、割引支援金の対象となりますか。
自社サイトや電話予約による直接販売の場合も割引の対象です。その場合、現地払いによる割引が対象となります。
Q23OTA等のインターネット予約サイトを通じて販売した場合、対象となりますか。
インターネットの予約サイトを通じて販売した場合も対象となります。
Q24宿泊施設が直接販売する場合、割引支援金の交付申請について、Go To トラベル同様、第三者機関の承認等が必要ですか。
Go To トラベル事業のように、第三者機関(ステイナビ等)による証明までは求めませんが、県が指定する宿泊台帳内容かその記載内容が分かるシステム等により、宿泊実績の適正な管理をお願いいたします。
万が一、割引支援金の不正受給が疑わしい事例や実際に不正受給が判明した場合は、支援金の返還請求、法人名の公開、捜査機関への通報を行うこととします。

おもてなしクーポン

Q25どのような店舗がクーポン取扱店舗となっているでしょうか。
Go To トラベルの地域共通クーポン取扱店舗を対象としております。
取扱店舗の一覧はこちらからご覧ください。
なお、参加申込は随時受け付けることとしており、都度一覧表を更新していきます。
Q26クーポンはどのように配布すれば良いですか。
旅行者のチェックインの際にお渡しください。
Q27クーポンを旅行者に配布した場合、旅行者の方から受取証等へ受取のサイン等をいただく必要はありますか。
クーポンの受け渡しの際には、スターターキットに同封している「おもてなしクーポン受領書」に必要事項を記載の上、お客様からご署名をいただいてください。様式をこちらに掲載していますのでご活用ください。

参加

Q1クーポン取扱店舗として参加したいと考えていますがいつまで申請できますか。
参加は随時受付ています。申請いただいてから登録が完了し、クーポンでの精算ができるようになるまで、8日程度いただいております。
Q2クーポン取り扱い店舗として参加するための条件はありますか。
Go To トラベル事業の地域共通クーポン取扱店舗であることと、高知観光トク割キャンペーン事務局が指定する金融機関(四国銀行、高知銀行、幡多信用金庫、高知信用金庫)に口座があることが条件となります。
Q3県外の企業ですが、クーポン取り扱い店舗として参加できますか。
参加できます。Go To トラベル事業の地域共通クーポン取扱店舗であることと、高知観光トク割キャンペーン事務局が指定する金融機関(四国銀行、高知銀行、幡多信用金庫、高知信用金庫)に口座があることが条件となります。
Q4高知県内に複数店舗を展開していますが、店舗毎に参加が必要ですか。
店舗毎の参加をお願いします。なお、Go To トラベル事業の地域共通クーポン取扱店舗であることと、高知観光トク割キャンペーン事務局が指定する金融機関(四国銀行、高知銀行、幡多信用金庫、高知信用金庫)に口座があることが条件となりますが、代表口座があれば店舗毎に口座を作る必要はありません。
Q5大型商業施設の中に入っているテナント店について、参加は商業施設全体、各テナント店毎のどちらになりますか。
テナント店舗様毎に参加いただくことなります。なお、高知観光トク割キャンペーン事務局が指定する金融機関(四国銀行、高知銀行、幡多信用金庫、高知信用金庫)に口座があることが条件となります。
Q6体験学習付宿泊プランを販売しています。宿泊施設としても参画していますが、このプラン総額に対し、宿泊代金割引とは別におもてなしクーポンでの支払いを受け付けることはできますか。
宿泊とセットになった体験学習の代金の支払におもてなしクーポンを利用することはできません。

\ 併用OK!高知旅行がさらにお得に /